close

2017/10/23Models

新世代モデルとして復活したRSのアイコン、新型Audi RS 4 Avant —Tokyo Motor Show 2017/参考出展車—

  • パワーと燃費を格段に向上した2.9 TFSIエンジン
  • 日常的な実用性も兼ね備えたオールラウンドな高性能モデル

新型Audi RS 4 Avantは、運動性能と実用性をきわめて高いレベルで両立させたオールラウンドな高性能モデルです。搭載する2.9 TFSIエンジンは、331kW(450PS)のパワーと600Nmのトルクを発揮。A4ファミリーのトップスポーツバージョンに相応しいクルマに仕上がっています。このV6バイターボエンジンのハイパワーは、8速ティプトロニック及びquattroドライブシステムを介して4輪に分配されます。「Audi RS 4 Avantは、Audi SportがつくるRSモデルのなかでも、特別な伝統を持ったクルマのひとつです。4世代目にあたる新型は、ほかのすべてのRSモデル同様、
パフォーマンスと日常的な実用性を完璧な形で融合したクルマになっています」とAudi Sport GmbHのCEOを務めるステファン ヴィンケルマンは述べています。

ルーフエッジスポイラーが備わった特徴的なリヤエンド
新しいAudi RS 4 Avantを開発するにあたり、担当デザイナーは、かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせたAudi 90 quattro IMSA GTOからインスピレーションを得ました。フロントエンドでは、ハニカムパターンを備えた大胆な
エアインレットと、幅広く平たいシングルフレームグリルが、RSモデルならではのダイナミックなイメージを創出しています。通常のAudi A4 Avantに対し、ホイールアーチの部分が30mm幅広くなっており、quattroブリスターによりこの箇所がさらに強調された形になっています。リヤエンドでも、RS専用デザインのディフューザーインサートや、RSエグゾーストシステムのオーバル型テールパイプ、RS専用デザインのルーフスポイラーなどにより、精悍な佇まいが演出されています。標準装着されるホイールは、20インチアロイホイールとなります。Audi exclusiveからオプションで提供される「ノガロブルー パールエフェクト」は、1999年に発表された初代Audi RS 4 Avantを彷彿とさせるエクステリアカラーです。

0ー100km/h加速4.1秒、RSスポーツサスペンションを標準装備
新型Audi RS 4 Avantに搭載される2.9ℓTFSI V6バイターボエンジンは、331kW(450PS)のパワーを発揮し、600Nmの最大トルク(従来型Audi RS 4 Avantと比較すると170Nmアップ)を、1,900~5,000rpmの幅広い回転域で提供します。その強大なパワーにより、新型Audi RS 4 Avantの0-100km/h加速は4.1秒、最高速度は280km/hとなります。(性能数値はいずれもヨーロッパ仕様のものです)

2.9 TFSIエンジンの2つのターボチャージャーは、シリンダーバンクの間に配置されており、取り込んだ空気をそれぞれのターボチャージャーを経由して燃焼室に送るにあたり、デュアルブランチのシステムを用いることでシャープなレスポンスを得ています。新しい「Bサイクル」の燃焼方式に加えて、直噴システムのインジェクターを中央に設置することで、高性能なRSモデルとしてはかつてない高効率を実現しました。圧縮工程が短縮されたことで、数値上の圧縮比をかなり高く設定することが可能になっており、それを圧縮工程に対して相対的に長い膨張行程と組み合わせることで、より高い燃焼効率を得ることに成功しています。実際、ヨーロッパのドライビングサイクル(NEDC)での燃料消費率は100km走行あたり8.8ℓで、CO2排出量に換算すると199g/kmに相当します。従来型Audi RS 4 Avantと比較すると、燃費効率は17%向上しており、これには効率化されたエンジン、駆動システムのほか、旧型より80kg軽い1,790kgに抑えた車両重量(空車時)が貢献しています。

2.9 TFSIバイターボエンジンのパワーは、スポーティなギア比が設定された8速ティプトロニックを介して、quattroフルタイム4WDシステムに伝えられます。そこで駆動力が、前後のアクスルに非対称(40:60)に分配され、これによりトラクションと走行安定性を最適化しつつダイナミックなハンドリング性能を得ることができます。後輪左右間のトルク分配をアクティブに制御してハンドリング性能を高めるスポーツディファレンシャルが標準装備となります。

ダイナミックライドコントロール(DRC)を採用したRSスポーツサスペンションプラス、RS専用チューンがなされた
ダイナミックステアリングが標準装備となり、オプションでセラミックブレーキも用意されています。またエンジン、
ステアリング、ティプトロニック、DRCなどの制御プログラムを任意に設定できるアウディドライブセレクトが標準装備されており、新型Audi RS 4 Avantのダイナミック特性を、走行条件に応じて、もしくは自分好み応じて調整することができます。

素材を厳選したインテリアとRS専用デザインのアウディバーチャルコクピット
新型Audi RS 4 Avantのスポーティなキャラクターを反映して、インテリアはブラックでまとめています。RSスポーツシート(ハニカムパターン)、フラットボトムのRS革巻きマルチファンクション スポーツステアリングホイール、シフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムのそれぞれにRSのエンブレムが装着されています。アウディバーチャルコクピット及びヘッドアップディスプレイにもRS専用のデザイン/機能が採用されており、ディスプレイにGフォース、トルク値などの情報を表示することができます。グロスブラック仕上げ、もしくはマットアルミニウム仕上げの
カーボンスタイリングパッケージなどの仕様を注文することで、カスタマイゼーションの可能性も拡がります。さらにAudi exclusiveのプログラムを通じて、特別なリクエストを受けることができます。

新型Audi RS 4 Avantは、ヨーロッパではこの秋から予約受付を開始。日本での発売時期は2018年春頃を予定しています。

*本リリースは、ヨーロッパ仕様に基づくAUDI AG配信資料の翻訳版です。

関連ページ

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

About Audi Japan Press Center

このサイトではアウディ ジャパンが配信するプレスリリースおよび関連する資料、画像をご提供しています。

報道関係者様からのお問い合わせ先:
アウディ ジャパン株式会社 広報部
代表電話:03-5475-6309

ページ上部へ