close

2021/05/24Motorsport

富士 SUPER TEC 24時間レース、2台のAudi R8 LMSが完走

  • Audi Team Hitotsuyama、24時間レース初参戦、ST-Xクラス5位、総合19位完走
  • Audi Team AS Sport、ピット給油装置の不具合によりST-Zクラス8位、総合41位完走

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、Audi Sport customer racingプログラムにより、アウディ車両で国内レースに参戦するカスタマー(プライベート)チームをサポートしています。5月21(金)〜23日(日)、富士スピードウェイ(静岡県1周4,563m)でスーパー耐久シリーズ2021第3戦となる「NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース」が開催されました。


富士SUPER TEC 24時間レースは、2018年にスーパー耐久シリーズの一戦として復活した日本で開催される唯一の24時間レースです。今年で4回目となる本レースは、GT3やGT4といった高性能マシンと、ジェントルマンドライバーに加えて、SUPER GTなどで活躍する現役のトップ選手も参戦。サーキットにテントを持ち込み家族や友人たちとバーベキューに興じる観客で賑わうなど、欧州の24時間レースのような雰囲気をもつイベントとして、年々注目度が増しています。

最上位のST-Xクラス(GT3マシン)には、アウディ ジャパンとパートナーシップ契約を締結し、SUPER GT GT300クラスに参戦しているAudi Team Hitotsuyamaが、TSK Audi R8 LMSでスポット参戦しました。スーパー耐久は、基本的にはジェントルマンドライバー(アマチュア)によって競われるシリーズ戦です。レース経験豊富な都筑 晶裕氏をはじめ、耐久レースは初参戦という人まで計5名のジェントルドライバー各氏(都筑 善雄、小倉 基宏、田中 鉄三郎、本多 秀朗)に加えて、SUPER GT500およびスーパーフォーミュラに参戦する現役のプロドライバー宮田 莉朋選手を加えた6名でチームが編成されました。

ST-Zクラス(GT4マシン)には、Audi Team AS Sportが、人気アニメーション「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とプロモーションタイアップにより結成したエヴァンゲリオンレーシングとして、エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4でシリーズ参戦しています。ベースマシンのAudi R8 LMS GT4は、市販モデルのAudi R8 Coupéと60%以上の構成部品を共有しており、速さはもちろん安全性、耐久性、整備性が高く、コストパフォーマンスに優れています。チームは、田ヶ原 章蔵代表を筆頭に、3名のジェントルマンドライバー各氏(西村 元希、岡本 武之、藤原 能成)、そしてプロドライバーのショウン トン選手の5名編成となっています。

5月21日(金)、午後12時のスタートが予定されていた公式予選セッションは、悪天候により順延。およそ3時間経過をみるも天候の回復が見込めず、15時10分に公式予選セッションはキャンセルとなることが発表されました。その結果、スターティンググリッドは、スーパー耐久シリーズ第2戦SUGOまでのシリーズランキング順で決定されることになりました。

ST-Xクラスの#33 TSK Audi R8 LMSは、スポット参戦のためクラス7位、総合7番手から、ST-Zクラスの#505 エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4は、クラス7位、総合17番手からのスタートとなりました。

5月22日(土)15時、曇天のもとドライコンディションで決勝レースがスタート。スタートドライバーは、それぞれ#33 TSK Audi R8 LMSが都筑 晶裕選手、#505エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4は、ショウン トン選手が務めました。

オープニングラップで#33がポジションを1つアップし、長いレースが始まりました。途中、スピンアウトするクルマや接触による落下物などによってFCY(フルコースイエロー)などが発出されながらも、#33と#505は共に安定してラップを重ねていきます。スタートから約1時間半を経過したところで#33は都筑 善雄選手にバトンタッチしました。

スタートから2時間半が経過した頃、弱い雨が降り出すも本降りにはならずドライコンディションでレースは続きました。#505は、スタートドライバーのショウン トン選手が制限時間ぎりぎりまで順調に86周を走行し、クラス7位までポジションアップした状況でピットイン。しかし、ピット給油設備のトラブルで、約1時間のピットストップを余儀なくされ、順位を総合44位まで落としてしまいました。

一方、#33は夜のナイトセッションに入り114周を終えた頃、宮田 莉朋選手にステアリングを託します。周回を重ねるごとにチームのベストタイムを更新する現役プロにふさわしい走りを披露し、210周を終えた頃には総合5位までポジションをアップ。都筑 晶裕選手にバトンをつなぎます。その後、都筑 善雄選手を経て、ふたたび宮田 莉朋選手に。ここから猛烈なペースで92周を重ね、深夜3時頃には総合3番手まで追い上げていました。407周を終えて、ピットイン。ここでブレーキなどのメンテナンスを行い、都筑 善雄選手へドライバー交代して再スタートの際、想定外のクラッチトラブルに見舞われてしまいました。クラッチ交換作業は朝5時すぎにまで及び、ここで総合21位まで順位を落としていました。

夜が明けると、前日には見られなかった明るい日差しがさしこみました。午前7時すぎ、#505は、深夜のスティントを着実にこなし、総合45位で周回を重ねていました。深夜のスティントは、テストをクリアしたドライバーのみ走行が許可されるため、多くのチームは夜が明けるとジェントルマンドライバーがスティントをこなしていく戦略をとります。11時すぎた頃、#33の本多 秀朗選手が下位クラスのマシンと接触、緊急ピットイン。補修作業に約40分を要しました。そして再びコースイン。総合20位でラップを重ねていきます。592周を終え、レースも残り約2時間のところで、宮田 莉朋選手に託します。この時間帯でただひとり全体トップタイムの1分42秒台を連発します。19位に順位をあげ、残り1時間をきったところで最終スティントを都筑 善雄選手に託しました。#505は残り1時間半というタイミングで順位は42番手、最終スティントをショウントン選手に託します。

午後3時、最終的に#33 TSK Audi R8 LMSは667周を走行し、クラス5位、総合19位。#505エヴァRT初号機Audi R8 LMS GT4は、566周でクラス8位、総合41位で、2台ともに過酷な24時間レースを完走しました。


#33 Audi Team Hitotsuyama チーム代表 一ツ山 亮次氏のコメント
「チームとしては初めての24時間レースへの参戦でした。かねてより24時間レースに挑戦してみたいという思いのなかで、かつて私共のチームからAudi R8でSUPER GT に参戦していた都筑 晶裕選手より、耐久レースに挑戦したいジェントルマンドライバーと一緒にやってみませんかという話があり、以前チームがSUPER GTで使っていた2016年型のマシンをこの24時間レース用に仕上げ参戦を実現することができました。プロドライバーからは宮田選手に参加してもらいましたが、現役のトップドライバーの素晴らしいパフォーマンスをみせてもらいました。残念ながらクラッチトラブルで上位争いからは脱落してしまいましたが、今回の目標であった完走を果たすことができました。24時間レースは学ぶことが多く、何よりレースを楽しむことができました。また次のチャンスがあればぜひ挑戦したいと思っています」

#33 Audi Team Hitotsuyama ドライバー 宮田 莉朋選手のコメント
「私としては初めてのAudi R8で、かつマシンが最新型ではなかったため、チャレンジングなレースでしたが、レースラップはトップチームと遜色のない走りをすることができました。Audi R8は、世界中のGT3レースで結果を残しているだけあって、そのポテンシャルの高さを十分に感じることができました。この24時間レースは初年度から参加していて、走り方はわかっていましたし、私の今回の役割はジェントルマンドライバーの方々をいいペースに導くことでした。アドバイスをすることにより、皆さんのペースをあげるのは、自分にとっても勉強にもなりますし、それにとても楽しい経験でした。とにかく完走できたことをうれしく思います」

#505 Audi Team AS Sport チーム代表 田ヶ原 章蔵氏のコメント
「BoP(性能調整)によってストレートのスピードは抑えられていますが、“耐久のアウディ”というだけあって、レースラップもよく、非常に安定したタイムで走ることができるので、決勝レースでの追い上げには自信をもっていました。実際にゴールまでマシンには一切不具合はなく、いいペースで走ることができたのですが、残念ながらレース前半でピット給油装置の不具合が発生し、最後までそれを解消することができませんでした。思うように給油することができず、結局20回ものピットインをすることになり、勝機を失ってしまいました。これにより完走を目指す戦略にかえて、クラストップ周回の70%以上という規定をクリアし、完走ポイントも得ることができました。やはり24時間レースには、お金で買えない夢や感動があります。アマチュアドライバーが主体のレースですし、ぜひもっといろんな方に挑戦していただきたいです。今年のスーパー耐久シリーズはあと3戦残っていますし、必ずどこかで表彰台を狙っていきたいと思います」


アウディ ジャパンは2016年来、Audi Sport customer racingパーツトレーラーを全国のサーキットに配備してレースに参戦するカスタマーチームをサポートしています。今年も専用のトレーラーにボディ、トランスミッション、エンジン等、レース車検に適合した約3,100アイテム、約11,100点の部品を積載し、いかなるレース展開にも対応できるように体制を整えて、SUPER GT、スーパー耐久、およびTCRジャパンに参戦するチームと共にサーキットを転戦します。

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

ページ上部へ