close

2017/12/21Company

Audi Sport GmbHの新CEOにミハエル-ユリウス レンツが就任

  • AUDI AG取締役会 会長 ルパート シュタートラー:「ミハエル-ユリウス レンツ率いるAudi Sportが、グローバルマーケットにおけるメジャープレーヤーとしての地位を確立することを期待」
  • 前任者のステファン ヴィンケルマンは、Audi Sportの再編に大きく貢献
  • 製品ラインナップを拡大してさらなる成長を目指す

Audi Sport GmbHの新しいCEOに、ミハエル-ユリウス レンツ(60)が就任します。レンツは、Audi Sportを離れて来年からブガッティの社長に就任するステファン ヴィンケルマン(53)の後任となります。

「ミハエル-ユリウス レンツは、国際的な経験も豊富で、Audi Sportをさらに世界規模での成長に導いてくれるでしょう。彼のリーダーシップのもと、Audi Sportが、グローバルマーケットにおけるメジャープレーヤーとしての地位を確立することを期待しています」と、AUDI AG取締役会 会長のルパート シュタートラーはコメントしています。レンツは経営学の学位を取得しており、AUDI AGで20年以上にわたって管理職に就いてきました。2015年からは、Audi Sales Division China(アウディ中国販売部門)の社長として、世界で最も重要なマーケットにおける販売と、ブランド認知の総責任者としての役割を担ってきました。それ以前には、ヨーロッパにおける販売責任者として、アウディブランドのマーケティング活動を統括していました。レンツは、来年の3月1日から、Audi Sport GmbHの経営を引き継ぐことになります。

前任者のステファン ヴィンケルマンは、2018年1月1日付でフランスのモールスハイアムに本社を置くブガッティ オートモービルズS.A.S.の社長に就任します。ヴィンケルマンは、2016年3月からAudi Sport GmbHのCEOを務めてきました。Audi Sport以前は、11年間にわたって、イタリアにあるアウディの子会社、アウトモビリ ランボルギーニS.p.A.の社長を務めていました。「Audi Sportのために熱意をもって仕事に取り組み、多大な功績をあげたステファン ヴィンケルマン氏に感謝したいと思います。彼の功績により、Audi Sportは、独立した未来志向のブランドとして広く認知されることになりました。とりわけ、Audi Sportブランドの今後の成長の道筋を定めたことは、ヴィンケルマン氏の偉大な功績です。ミハエル-ユリウス レンツ氏は、素晴らしい遺産を継承することになります」と、AUDI AG取締役会 会長のシュタートラーは述べています。

Audi Sport GmbHは、ドイツ ネッカーズルムに本社を置くAUDI AGの100%子会社です。Audi R8及びAudi RSモデルの製造/販売、カスタマーレーシング、車両パーソナライゼーションプログラムのAudi exclusive、アクセサリー販売のAudi collectionなどを主な業務にしています。Audi Sportは、過去6年の間に売り上げを倍増させて、2017年の売上高も過去最高を記録する見込みです。同社は、2020年までに、モデルラインナップを現在の11から16に増やすことを計画しており、今後の成長に向けた道筋がすでに定められています。

*本リリースは、ヨーロッパ仕様に基づくAUDI AG配信資料の翻訳版です。

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

About Audi Japan Press Center

このサイトではアウディ ジャパンが配信するプレスリリースおよび関連する資料、画像をご提供しています。

報道関係者様からのお問い合わせ先:
アウディ ジャパン株式会社 広報部
代表電話:03-5475-6309

丸田 靖生:080-4606-0485
                  maruta.yasuo@audi.co.jp
小島  誠:090-2315-5729
                  kojima.makoto@audi.co.jp

ページ上部へ