close

2017/12/04Motorsport

アウディ、フォーミュラEシーズンの初戦を5位で終える

  • レース1:ダニエル アプトが素晴らしい追い上げを見せ5位フィニッシュ
  • レース2:ダニエル アプトはチームの管理ミスで失格。Team Audi Sport ABT Schaefflerは異議の申し立てを発表
  • 昨年チャンピオン、ルーカス ディ グラッシはレース1・2ともに完走するもポイント獲得を逃す

2017年12月2-3日、香港:フォーミュラEの開幕戦が香港で開催され、土曜日に行われたレース1で、ダニエル アプトが5位に入りました。昨年のチャンピオンのルーカス ディ グラッシは、セバスチャン ブエミと衝突し、ポイントを獲得することはできませんでした。一方、翌日曜日のレース2では アプトはレースでは圧倒的な強さを見せたにもかかわらず、チームの管理上のミスが原因で勝利を剥奪されてしまいました。Team Audi Sport ABT Schaeffler(チーム アウディ スポーツ アプト シェフラー)は、レース失格に対して異議を申し立てる意向を通知しました。

土曜日レース1:
Team Audi Sport ABT Schaefflerのニューマシン、Audi e-tron FE04は、スタートから素晴らしい走りを見せたものの、アウディの両ドライバーは運に見放されてしまいます。予選が赤旗中止になったため、アプトとディ グラッシは、それぞれ4番および6番グリッドからの再スタートとなりました。

大荒れとなったこのレース1で、アプトは表彰台圏内を順調に走行していましたが、ピットストップで大きくタイムを
ロスし、9番手に後退してしまいます。その後アプトは、5位までポジションを上げます。「明るい面に目を向ければ、マシンが非常に速いということです」と、新たにアウディ ファクトリー ドライバーとなったアプトは語りました。

一方ディ グラッシは、レース序盤で、最大のライバルであるブエミと激しい6番手争いを繰り広げました。しかし、ブエミがディ グラッシにアタックした際に接触し、右リヤ サスペンションにダメージを負ってしまいます。そのため、ディ グラッシは、早い段階で2台目のマシンに交換を余儀なくされ、最終的に周回遅れの18位でフィニッシュしました。

日曜日レース2:
レースは大波乱の展開となり、アウディにとって残念な結果で終わることになりました。レース後の車検において、アプトの車両が、テクニカルパスポートとマシンの部品番号が違っていることを指摘されました。これにより、部品が同一であり完全にホモロゲーションに準拠しているにもかかわらず、レース結果からの除外が決定されました。

「ダニエル アプトは、2日間ともに素晴らしい走りを見せて、勝利に値する活躍をしました。疑惑の対象となっているのは、私たちに何のアドバンテージももたらさない、マシンの部品番号の管理ミスです。私たちは、すべての詳細を明確にすることを望んでいます。そのため、異議を申し立てることを発表しました。」と、Team Audi Sport ABT Schaefflerのチーム代表を務めるアラン マクニッシュは語っています。

またディ グラッシのマシンにはバッテリーの問題が発生して、週末の2レースともにポイント圏外での完走となりました。 「2日間のレースで、力強いパフォーマンスを見せることができたことが今回の収穫です。しかし、日曜日の夜に起ったことは想定外でした」と、アウディ モータースポーツ代表のディーター ガスはコメントしています。

*本リリースは、ヨーロッパ仕様に基づくAUDI AG配信資料の要約・翻訳版です。

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

About Audi Japan Press Center

このサイトではアウディ ジャパンが配信するプレスリリースおよび関連する資料、画像をご提供しています。

報道関係者様からのお問い合わせ先:
アウディ ジャパン株式会社 広報部
代表電話:03-5475-6309

丸田 靖生:080-4606-0485
                  maruta.yasuo@audi.co.jp
小島  誠:090-2315-5729
                  kojima.makoto@audi.co.jp

ページ上部へ