close

  • Start
  • Technology
  • Automated Driving
  • シリコンバレーからラスベガスまでの550マイルの自動走行:Audi A7 Sportback自動運転コンセプトカーの長距離走行テスト

2015/01/06Technology

シリコンバレーからラスベガスまでの550マイルの自動走行:Audi A7 Sportback自動運転コンセプトカーの長距離走行テスト


  • ジャーナリストによるインターナショナルCES 2015までのテストドライブ

  • Audi A7自動運転コンセプトは量産間近のセンサーテクノロジーを活用

  • アウディはインターナショナルCESで未来のテクノロジーを披露


14 インゴルシュタット / ラスベガス: アウディはAudi A7自動運転コンセプトカーにジャーナリストを乗せて、走行距離550マイル以上の高速道路を自動走行。自動運転の世界がすぐそこまで来ていることを証明します。このコンセプトカーによる長距離走行テストは、量産モデルの技術を活用して、かつてない偉業が成し遂げられることを示しました。この走行テストはカリフォルニアのシリコンバレーから始まり、ラスベガス(ネバダ)で開催される世界で最も重要なエレクトロニクストレードショーである、2015年インターナショナルCES(コンシューマーエレクトロニクスショー)の会場に向かいます。

「カリフォルニア西海岸からラスベガスに向かうこの走行テストは、アウディの自動運転におけるリーダーシップを証明するものです」と、アウディの技術開発担当取締役のProf. Dr. ウルリッヒ ハッケンベルクは述べています。実際の交通や路面状況におけるテストドライブは、フォルクスワーゲン エレクトロニクス リサーチ ラボラトリー(ERL)とフォルクスワーゲン グループ技術開発部門の協力により、カリフォルニア州のスタンフォードから始まります。Audi A7自動運転コンセプトは550マイル(約900km)を走る事になります。

Audi A7自動運転コンセプトは、アウディによって開発された最新の技術を使用しています。このコンセプトカーではドライバーは0~70mph(約110km/h)付近までの運転操作をしなくてすむようになります。開発チームによって親しみを込めて“ジャック”と名付けられたこの車は、自動的に車線変更や追い越しを行います。さらに、Audi A7自動運転コンセプトは加速、減速も独自に行います。車線変更を行う際は、周囲の車両に合わせて車速を調節します。距離と速度の計算により安全だと判断されれば、車両は正確かつタイムリーに車線を変更します。



また様々なセンサーを複合的に活用しており、その多くは量産間近のものです。アダプティブクルーズコントロール(ACC)やアウディ サイドアシスト(ASA)の長距離レーダーセンサーは車両の前後を見張ります。フロントとリヤにそれぞれある2つの中距離レーダーセンサーは360°ビューを可能にします。シングルフレームグリルとリヤバンパースカートにはレーザースキャナーがマウントされています。このスキャナーは自動運転中に停止している、または動いている障害物に関する十分な情報を提供します。これらのテクノロジーは実車への搭載、また生産に必要なコストも含めて、近い将来に実現する予定です。すでにNew Audi Q7の新世代システムに搭載されている新しい高解像度の3Dビデオカメラは、車両前のワイドアングルビューを映し出すことができます。4つの小さなカメラがフロントとリヤにマウントされており、近接ビューが映し出されます。ナビゲーションデータは車両の基本的な操作に活用されます。

例えば都市部でのドライビングなどにおいて自動運転システムの限界に達した場合は、安全の確保のためにドライバーが運転を行うように誘導されます。そのためには複合的な警告シグナルが発せられます: フロントウインドーの発色LED、ドライバーインフォメーション ディスプレイのシグナル、セントラル ステータス インジケーター(CSI)、そして音声による警告音がドライバーに運転を行うよう警告します。ドライバーがそれでもこれらの警告を無視した場合、システムはハザードライトを点滅させ、車両を完全停止までさせていかなるリスクをも軽減させます。ほとんどの場合、車両は路肩の緊急車線に停止します。

数週間前、550マイル走行テストに先駆けて、アリゾナ プルービング グラウンドにおける参加ジャーナリスト向けトレーニングが行われ、この自動運転システムを使用して100マイル程走行しました。不測の事態に安全を確保するために、システムを知り尽くすアウディのテストドライバーが、助手席に同乗しました。

アウディは、2015年1月6日から9日までのラスベガスインターナショナルCESにおいてその“Next Chapter”(次章)を披露します。現在の技術そして近未来のプロジェクトは、世界において最も影響力があり重要なエレクトロニクストレードショーにおいて発表されます。特に重要なトピックは、車両のコネクティビティです。自動運転、新しいユーザー ディスプレイ インターフェース、最新のインフォテイメント及び新しいアウディコネクト、そしてLEDとレーザー-マトリックス ライトテクノロジーが発表される予定です。さらにインターナショナルCESでは、その他にも、ワールドプレミアとして新しいAudi Q7のショーカー/インテリアモデルが発表されます。

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

About Audi Japan Press Center

このサイトではアウディ ジャパンが配信するプレスリリースおよび関連する資料、画像をご提供しています。

報道関係者様からのお問い合わせ先:
アウディ ジャパン株式会社 広報部
代表電話:03-5475-6309

ページ上部へ