close

Technology

Piloted Driving

アウディはかなり以前から運転自動化のテクノロジー分野においても、パイオニアとしての役割を果たしてきました。アメリカ合衆国では、ドライバーなしのAudi TTSで塩原の表面にブランドシンボルである4リングスを描いてみせ、ロッキー山脈のパイクスピークのコースを全開で駆け上がってもみせました。2014年の秋には、同じくドライバーなしのAudi RS 7 Sportbackでドイツのホッケンハイム サーキットで全開タイムアタックも披露しています。2015年以降アウディはさらに公道テストのステージを進めており、研究車両「ジャック」でアメリカ西海岸からラスベガスに至る全長560マイルのフリーウェイドライブやドイツのアウトバーン9号線での実証実験を行い、多くの貴重なデータを得ています。

アウディが近い将来、生産車に導入しようとしている自動運転の機能は、アウディアダプティブクルーズコントロールやトラフィックジャムアシストといった、既にAudi A4 やAudi Q7で実用化されたアシスタンスシステムをベースにしています。次期Audi A8で実用化予定の「トラフィックジャムパイロット」は、0~60km/hの速度で走行中、ドライバーが求めれば、加速、ブレーキ、ステアリングの操作を引き受け、混雑した高速道路などにおけるドライバーのストレスを軽減してくれます。そして混雑状態が解消されれば、システムがドライバーにシグナルを送り、運転操作を再開するよう促します。

現在のアシスタンスシステム、および将来の自動運転機能を司るのは、車載されている「ドライバーアシスタンス中央制御ユニット」(zFAS)です。車載されるすべてのセンサーからの信号を、最新の高速プロセッサーを用いたこのユニットにより解析し、必要な運転操作を導き出します。レーダー、カメラ、超音波センサー、さらにはレーザースキャナーなどからの集まった情報から、クルマの周囲360度の環境をモデル化して瞬時に認識し、その情報をそれぞれのアシスタンスシステムに送ります。それにより、例えば、ほかのクルマが前に割り込んできたような場合でも、即座に状況を把握して適切な対応をすることが可能となります。 将来は、高速モバイル通信とクラウド技術の発達により、走行中の交通状況を常に学習することで、より複雑な環境にも対応することが可能となり、パイロットドライブの性能がさらに向上していくことになります。

Read More

Recent Press Releases

Audi、シュタートラーCEOがジュネーブの国連会議で人工知能について演説

2017/06/13Technology

Audi、シュタートラーCEOがジュネーブの国連会議で人工知能について演説

2017年6月7日、ジュネーブ/インゴルシュタット:AUDI AG取締役会会長のProf. ルパート シュタートラーが、人類の利益のために人工知能を活用することに関して、国連会議でスピーチを行いました。「AI for Good Global Summit」(よりよき世界のためのAIグローバルサミット...

READ MORE

人工知能による自動パーキング:バルセロナのNIPSでアウディが実演

2016/12/06Technology

人工知能による自動パーキング:バルセロナのNIPSでアウディが実演

2016年12月5日 インゴルシュタット: 毎年開催されている「神経情報処理システム(NIPS)」に関する国際会議及びワークショップは、人工知能をテーマとした世界でもっとも重要な専門家会議で、毎年機械学習とコンピューター神経科学の分野で、様々な成果が紹介されてきました。今回そこで、アウディが初めて自...

READ MORE

自動運転のための新技術: アウディが参加する 「デジタル モーターウェイ テスト ベッド」

2016/10/19Technology

自動運転のための新技術: アウディが参加する 「デジタル モーターウェイ テスト ベッド」

アウディはテスト開始から1年が経過した「デジタル モーターウェイ テスト ベッド」に関し、ドイツ連邦交通デジタルインフラ省において、自動運転及びCar-to-X通信に関する新しいテクノロジーを発表します。その焦点は、オンラインによる可変メッセージ交通標識とインフラ対策に当てられています。アウディは、...

READ MORE

TechDay Connectivity(テックデイ コネクティビティ)

2016/08/29Technology

TechDay Connectivity(テックデイ コネクティビティ)

未来は「つながっている」 自動車のデジタル化を推進するアウディ 自動車の将来にとっても、インテリジェントなネットワーク化は、重要なカギとなるものです。すでにこの分野のリーダーの地位にあるアウディは、今後さらに、Audi connectから初のcar-to-xサービスを開始したり、新しいインフォテイメ...

READ MORE

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

About Audi Japan Press Center

このサイトではアウディ ジャパンが配信するプレスリリースおよび関連する資料、画像をご提供しています。

報道関係者様からのお問い合わせ先:
アウディ ジャパン 広報担当 Tel: 03-5475-6309

ページ上部へ