close

2016/11/30Models

Audi RS 3 LMSを国内受注開始

  • 330馬力の2.0リッターTFSIエンジン、6速シーケンシャルギアボックスを搭載
  • 日本国内で人気のカスタマーレース「スーパー耐久シリーズ」のTCR 規定に準拠予定

アウディジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、Audi RS 3 SedanをベースにしたレーシングバージョンAudi RS 3 LMSを、株式会社アドバンスステップ(本社:神奈川県高座郡寒川町、星名 功一)を通じて12月1日より受注開始いたします。

アウディは9月29日に開幕したパリモーターショーの会場で、RSモデルの最新バージョンとなるAudi RS 3 Sedanを発表。同時に、2015年からFIA(国際自動車連盟)公認シリーズとして欧州などを中心にスタートしたツーリングカー選手権「TCRシリーズ」に向けて、Audi RS 3 SedanをベースとしたレーシングバージョンAudi RS 3 LMSを公開しました。

Audi RS 3 LMSは、Audi Sportが開発を手がけました。近年Audi Sport はカスタマーレーシング活動に注力しており、日本国内でも2012年にGT3マシンAudi R8 LMSの販売を開始。レース参戦により、世界中のモータースポーツファンに支持されており、カスタマーレーシングセグメントにおけるマーケットリーダーとなっています。今回Audi RS 3 LMSを導入することで、より幅広い層のモータースポーツファンがレースに参戦することが可能となります。TCRシリーズは2016年に世界18カ国で10のシリーズ戦が開催、またF1選手権のサポートレースとして実施されるなど、世界同様、日本でもGT3カテゴリー以上の人気が期待されています。

日本に導入するAudi RS 3 LMS TCR SEQは、全長4258mm、全幅1950mm、全高1340mmという空力を重視したワイド&ローなボディ、「TCRシリーズ」のレギュレーションに準拠。最高出力330馬力、最大トルク410Nmを誇る4気筒2.0リッターTFSIエンジンに、機械式ディファレンシャルギアと6速シーケンシャルギアボックスを搭載。車両重量は1160kgまで軽量化されており、0-100km/h加速はわずか4.5秒です。安全性の面でも妥協することなく、大型のロールケージをはじめ、FIA準拠の安全燃料タンクやシート、セーフティーネットを備えています。

日本国内では、来期のスーパー耐久シリーズ(http://www.supertaikyu.com/)にTCR規定で走行するカテゴリーを新設する方向で調整が進められています。

車両本体価格

モデル:Audi RS 3 LMS TCR SEQ
エンジン:2.0リッター 直4 DOHCターボ
トランスミッション:6速シーケンシャル
最高出力/最大トルク:330PS/410Nm
駆動方式:FWD(前輪駆動)
ステアリング:左
希望小売価格(税込):18,350,000円 ※

※為替変動により価格が予告なく変更されることがあります。
※スターターキット、ハンドオーバー作業費用込み。
※輸送費、輸入諸経費、スペアホイール、その他オプションは別途費用が必要になります。

車両販売に関する問い合わせ先: 株式会社 アドバンスステップ
TEL 0467-38-5661
http://www.advance-step.net/

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

About Audi Japan Press Center

このサイトではアウディ ジャパンが配信するプレスリリースおよび関連する資料、画像をご提供しています。

報道関係者様からのお問い合わせ先:
アウディ ジャパン 広報担当 Tel: 03-5475-6309

ページ上部へ